会社概要

会社名
東豊精機株式会社
info@tohoseiki.co.jp
所在地
岡山市東区古都南方3705-1 〒703-8215
Tel. 086-279-1715 Fax. 086-279-8099
創業
昭和23年
資本金
15,000千円
代表取締役
吉鷹良介
工場規模
敷地1,500m² / 建物800m²
従業員数
15名
事業内容
自動車部品、油圧部品、精密バルブ、ノズル部品、工作機械部品等の精密部品、狩猟銃基幹部品
取引銀行
中国銀行 小橋支店・東岡山支店

ごあいさつ

今を生き、感じ、感性を研ぎ澄ませていれば、自ずと形・工法が伝わってきます。その瞬間に、即座に実行に移すことで技術の入り口が見えてきます。

技術とは既存の経験の積み重ねと組み合わせによるもので、ひらめきとは違います。数種類の要素をブレンドする事です。とにかく、信念を持って根気強くやってみることで、また新たな開発テーマと発展が待っています。その方向が今の業種、今の時代にマッチしているかを常に自問自答しながら幅広く情報収集することが肝要と思います。

高度な機械加工技術に裏づけされた製品に、幾何学的機能だけでなく、優美な芸術的特性が加味されたメイドインJAPANとしてのものづくりをめざして行きたいと思っています。

代表取締役 吉鷹良介

会社方針

  1. 顧客の信頼と満足を得る、最高の品質を提供する
  2. 難削材を主とした金属精密機械加工分野における専門メーカとして技術開発型企業を目指す
  3. 自社製品の商品開発に積極的に取り組み、開発から製造・販売までを一貫し、最終ユーザーの声を聞きながら更なる商品改善が出来る企業を目指す
  4. 職場環境をベストなものにし、快適な仕事ができる生きがいのある職場にする

沿革

  • 昭和23年

    日本発送電(現 中国電力)の発電所、変電所の機械設計、
    製作工事請負業者として登録、発足

  • 昭和27年

    三井造船株式会社(造機、エンジン部門)

  • 昭和32年

    みのる産業株式会社(遊星式刈取機)

  • 昭和38年

    小橋工業株式会社(トラクター用ローター部品)
    和光機工株式会社(建機油圧部分)

  • 昭和40年

    東豊精機株式会社として設立

  • 昭和41年

    東岡山工場に移転(現住所)
    設備の充実、機械加工、溶接、組立、量産体制に着手

  • 昭和55年

    NC機械、マシニングセンターを導入し
    工作機械部品精密加工に取り組む
    安田工業(MCメーカー

  • 昭和58年

    自動車部品加工に着手
    井原精機(三菱、マツダ、井関、クボタ)
    三幸金属(東急車輌、極東開発向けボールバルブ)

  • 昭和60年

    ステンレス部品量産加工に着手
    東洋ステンレス工業(食品プラント部品、キリンビール、サッポロビール)

  • 平成元年

    自動車・油圧部品等の量産のためマシニングセンターの設備を整備

  • 平成14年

    チョークチューブ、アメリカ合衆国特許を取得

  • 平成18年

    ブローニングと取引、基幹部品の加工